腰痛の症状や原因

ダイエット


腰から上をダイエットして軽くすることは腰痛予防の鉄則です。体格指数のBMlを標準にすることを目標にします。現体重の5~10%を3~6カ月での減量が目安です。
「ダイエット」して腰痛を改善

腰から上をダイエットで軽くする

椎間板の構造
一度へたった椎間板は元には戻らないため、椎間板にかかる負担をできるだけ少なくする必要があります。その前提となるのが、 ダイエットです。
ダイエットの目安は、BMIを利用するとよいでしょう。BMIは、「体重(kg) ÷[身長×身長(m)]」で計算できます。この数値が25以上の場合、肥満と考えます。ただし、腰痛予防の観点からは、22以下が理想です。
減量に際しては、消費するエネルギー以上に摂取エネルギーを減らすことになるわけですが、無理なダイエットは禁物です。まずは、現在の体重の5~10%を3~6カ月で減量することを目標にしましょう。体脂肪1鴎は7000キロカロリーに相当します。80kgの体重の人が、体重の10%の8kgを半年で減量する場合には、1日の摂取エネルギーを300キロカロリー(ご飯2杯程度)減らすだけでよい計算になります。
ダイエットの目安図解

※(例)体重80kgの人が8kg6カ月でダイエットする場合、1日の摂取エネルギーを300kcal減らすだけでOK