腰痛の症状や原因

効果的なエクササイズ

水泳は背骨に重力がかからないため、腰痛には最適です。ウォーキングは骨粗しょう症の予防になります。
腰痛予防・水泳とウォーキング

水泳の効果

腰痛と水泳もし温水プールのあるスイミングクラブなどに通えるようで、水泳をおすすめします。上手に泳げるようになることが目的ではなく、あくまでも筋力アップを目標に、自分のペースで楽しみながら継続することがポイントです。
水泳の利点は、運動量が大きく、それでいて背骨にかがる重力が少ないことです。水の浮力によって腰やひざにかかる負担が少なくなり、筋肉が鍛えられ、執帯にも柔軟性が得られます。血行促進にも効果があります。

水中を歩くだけでも効果的

まだ軽い腰痛があるようであれば水中を歩くことからはじめ、よくなってくれば、背泳、クロールへと進むようにします。
平泳ぎやバタフライは腰に負担がかかり、逆効果になる危険性があるので注意しましょう。あまり頑張らないで、一時間もやれば十分です。ただし、最低でも週二回、半年は継続しましょう。泳げない人は、水中を歩くだけでも効果がありますです。なお、泳ぐ前と後には、必ず念入りにストレッチをするようにしてください。

ウォーキングの効果

腰痛とウォーキング一方、手軽にできる運動としてウォーキングがあります。ウォーキングは、下半身の筋肉の収縮運動こよって血液の循環がよくなり、心肺機能が活発化します。すると疲労物質の代謝がうながされ、筋肉の緊張がほぐれてきます。
その結果、腰椎への負担も減るという利点があるのです。さらにウォーキングを続けることによって腹筋や背筋など腰まわりの筋肉が鍛えられ、脂肪も燃焼してくれるので、ダイエットにも効果を発揮します。

ウォーキングの利点

また、ウォーキングをするためには外に出ますが、心身のリフレッシュはもちろん、日光浴することによって皮下でビタミンDが作られます。ビタミンDは腸管からのカルシウムの吸収を高めるという大事な働きをしています。食べ物からとったカルシウムを骨に蓄えるには骨に負荷を与えること、すなわち体を動かすことが重要なので、ウォーキングはまさにうってつけの運動といえます。

ウォーキングのコツと注意点

ウォーキングする際のコツは、少し息が弾むくらいで、人と話をしながら歩けるくらいの呼吸が目安になります。ひとつ注意しなければならないのは、肥満した方の場合、過度のウォーキングは膝を痛めるもとになりやすいということです。とくに太った方や、変形性ひざ関節症などの方にはむしろ水中ウォーキングをおすすめします。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ