腰痛の症状や原因

固定手術

薬物、装具、温熱、牽引といった保存的治療を施しても治まらない痛みには、痛みと機能低下の悪循環を断つために注射による治療を行います。
「固定手術」の特徴

固定手術とは

腰部脊柱管狭窄症を治療する際には、神経の圧迫を取るために、椎骨やじん帯などの脊柱菅を狭めているものを削ることが目的となります。しかし、加齢などの原因によって椎体が前方にすべり出していたり、削ったことで背骨が不安定になったりする場合などには、金具で背骨を固定する「固定手術」が必要になります。

2~3週間程度で退院が可能

椎体が前方にすべり出している場合には、椎体と椎体の間に本人の骨や人工骨を移植して固定します。固定を強固にするため、椎体同士をスクリューやプレートなどの金具を使って留めることもあります。このとき、固定に使った金具は基本的には挿入したままです。手術の際の切開部は7cm以上とかなり大きくなります。術後は、コルセットの装着が数カ月続きますが、入院期間は2~3週間と比較的短期間で退院できます。

固定手術図解

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ