腰痛の症状や原因

腰痛とストレス

ストレスが原因で腰痛発症率が上昇することがあります。近年、腰痛を「生物・心理・社会的療病症候群」として捉えようとする動きがあります。
腰痛とストレスとの関係

精神的ストレスが腰痛に影響

精神的ストレスや仕事への満足度といった心理・社会的なことも腰痛の発症に影響するということが、近年の研究で明らかにされています。

勤労者の腰痛の発症原因図解

職場での作業環境が原因に

勤労者の腰痛の発症要因としては、1日4時間以上の「中腰・前かがみ姿勢」「腰のひねり動作」「狭くて窮屈な作業空間での勤務」、「休憩場所が不十分」など作業関連のものが多く挙げられています。

心理・社会的ストレスも原因に

このほかに、心理・社会的なことについても、有意に関連が見られた項目が見つかりました。関連が強く表れた項目には、「働きがいが低い」 「仕事のコントロール度が低い」「感じている仕事の適性度が低い」「職場環境によるストレスが多い」「活気がない」「不安感が強い」「イライラ感が強い」「抑うつ度が強い」「仕鼻・生活の満足度が低い」というものがあります。こうした心理・社会的要因は、腰痛をこじらせ、長引かせることがあります。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ