腰痛の症状や原因

変形性脊椎症

背骨の老化によって起こる「変形性脊椎症」は誰にでもみられます。普段から筋力をつけて改善しましょう。
変形性脊椎症の特徴

変形性脊椎症の原因

変形性脊椎症はおもに加齢の変化によって起こるもので、背骨の老化現象の一種です。加齢にともない、椎間板は水分が減り、厚さが薄くなってきます。薄くなると椎間板にはクッション作用がなくなり、椎間板に接している椎体にストレスが加わります。その結果、椎体の角には骨棘が形成されます。

変形性脊椎症.jpg

変形性脊椎症の症状

骨棘の形は、椎体の丸みがとれて角状になったものから、鳥のくちばし状になったものまでさまざまです。椎間関節にも同様に骨棘ができます。しかし、これらは加齢していくと誰にでもみられることで、ほとんどの人が無症状です。腰痛を訴える人で、X線など検査の結果、下肢の痛みやしびれがない場合に「変形性脊椎症」という病名がつけられます。
たしかに変形があれば正常な状熊より腰痛は起きやすくなりますが、腹筋「背筋の衰えや、椎間板の老化現象、椎間関節のすリヘリなどからも腰痛は起きます。また、お年寄りになると、朝起きて腰が痛むものの、活動するうちに楽になり、夕方にまた痛みだすということもあります。いわゆる「寝腰」と呼ばれるものです。
最初は不安定な機械が、使ううちに調子を取り戻していくようなケースに似ています。人間の体も同じことです。無理をせず、腹筋や背筋を鍛えるなど努力をしていれば、変形性脊椎症はつきあっていける病気です。

変形性脊椎症と腹筋運動

背骨以外の病気に注意!

しかし、ここで注意しなければいけないのは、変形性脊椎症と診断してしまったために、背骨以外の病気による腰痛の原因を見落としてしまうことです。「尿路結石」「大動脈癌」「ガン」など、その他の病気からくる腰痛がそれです。変形性脊椎症と診断されたが、安静にしていても痛みがとれず、一カ月以上も痛みがひかない場合は精密検査を受けてみることをおすすめします。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ