腰痛の症状や原因

腰痛予防・睡眠中の姿勢

人間は一生の3分の1を寝て過ごします。腰椎を休める快眠なしに腰痛軽快は望めません。腰を休める「睡眠のコツ」は「マットレス」と自分に合った「枕」にあります。
快眠のコツ

腰を休める「快眠のコツ」は「マットレス」に

人間は一生の3分の1寝ています。寝ている問の姿勢が悪くて腰に無理な負担をかければ、起きている間にどれだけ気をつけていても腰痛は軽快しません。起きている間の疲れがとれるよう腰椎を休められる寝具はとても重要です。
人間の背骨は横から見るとS字カーブを描いています。寝た状態では、立っているときより重力が軽減されるので、背骨のS字カーブは立位のときよりゆるやかになります。また、マットレスが軟らかすぎるとお尻が深く沈んでしまい、背骨が「く」の字に曲がり、首に無理な負担がかかります。寝返りも打ちづらくなります。逆に、硬すぎると、背骨が逆「く」の字に反り返り、腰と背中に無理な負担がかかってしまいます。人間の体格(身長、体重)、せばねのカーブなどは千差万別です。自分のS字カーブをきれいに保ってくれるマットレスを探しましょう。

正しい睡眠の姿勢(腰痛予防)図解

自分に合った「枕の大切さ」

マットレスが自分の体に合っていても、枕がフィットしなければ腰に悪影響を与えます。枕が高すぎると、首につっぱり感が残り、腰痛の原因にもなります。低すぎると、頭の重みが首と肩にかかって肩こりや首の痛みを感じやすくなります。枕の高さは、首の後ろのカーブにフィットするだけでなく、横向きになったとき、顔、首、体の中心線が一直線になるようにしましょう。
高さが合っていても軟らかすぎる枕では頭が沈み込んでしまって寝返りが打ちづらくなります。古くなってへたってしまった枕も同様です。適度な硬さでへたりにくい素材を選びましょう。定期的にメンテナンスすることも必要です。寝ている問、人間は無意識に自分の心地よいように動きます。枕が自分に合っていれば、睡眠中首が枕を捕らえて離さなくなるので、寝相もよくなります。朝起きて首が枕から外れていれば、その枕は自分の首にフィットしていないことになります。

腰痛・枕選びのポイント図解

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ