腰痛の症状や原因

側湾症

脊柱のわん曲異常である「側湾症」は背骨を後ろからみると、右ないし左に脊柱が曲がっている状態をいいます。
側湾症の特徴

側湾症とは、脊柱の片側へのわん曲異常で、背骨を後ろからみると、右ないし左に脊柱が曲がっている状態をいいます。

変性側湾症図解

脊柱側湾症

脊柱側湾症通常、「脊柱側湾症」は小児期にみられる側湾がどんどん進行していき、矯正が必要な側湾症のことをいいます。
脊柱側湾症の原因はさまざまですが、原因不明の側湾を「特発性」といい、全側湾の60%~70%を占めています。そのほか、脊柱の先天的な異常による側湾を「先天性側湾症」、神経や筋の異常による側湾を「症候性側湾症」といいます。

変性側湾症

中年期以降、腰部の椎間板の変性にともなって発生する状態を「変性側湾症」といいます。脊柱側湾症は、日本での発生頻度は1~2%程度と考えられており、女子のほうに多くみられます。高齢になり、変形性脊椎症が原因で、腰椎柱がどちらかに傾いてしまうと、上半身の重みが支えられず、腰痛を起こしやすくなります。程度がひどくなるとコルセットでも支えきれなくなります。
体が傾いているということは、当然、脊柱管も細くなって狭窄を起こすので、間欠性跛行坐骨神経痛を合併することもあります。杖やコルセットの助けなしに歩行ができない状態になると、寝たきり老人になってしまいます。こうなると残された道は手術しがなくなりますが、最近は、寝たきりになるよりは、と若いうちの手術を望む人が増えているようです。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ