腰痛の症状や原因

脊柱の役割

脊柱は動物の体を支える大事な骨組みです。直立歩行する人間の脊柱は複雑なわん曲を描いています。
脊柱の構造

脊柱の構造図解

脊柱はS字状のカーブになっている

背骨=脊柱は、脊椎動物の体を支える骨組みです。人間の場合、頭蓋骨に続き、32~34の椎骨(脊椎骨)が連結しています。32~34となっているのは、尾椎の数に個人差があるためです。
他の哺乳動物の脊柱は一つのわん曲で成り立っていますが、人間は立ったリ座ったりとさまざまな動作をする必要から、そして重力方向の力をうまく分散するために、脊柱はそれに応じたS字状のわん曲をもっています。側面からみると、頸椎と腰椎は前の方に突き出したカーブ(前湾)があり、胸格と仙骨・尾骨はうしろの方に突き出したカーブ(後湾)がある格好です。つまリ人間の脊柱では、首は前にわん曲し、背中では後ろの方に反って、腰ではまた前に反り返るというなめらかなカーブを描いています。

運動のほとんどは頸椎部と腰椎部で行なわれる

脊柱は上から下へ、「頸椎」「胸椎」「腰椎」「仙椎」「尾椎」という部位に分けられます。それぞれの脊椎骨の数は、頚椎=7、胸椎=12、腰椎=5からなっており、成人では5つの仙椎と3~5つの尾椎はどちらも各椎骨がくっついてひとかたまりとなり、「仙骨」「尾骨」と呼ばれています。
胸椎には十二対の肋骨が接合して胸郭をつくり、仙骨には一対の腸骨が接合して骨盤の一部を形成しています。胸椎の動きは少なく、仙骨と尾骨は動きがないので、脊椎の運動のほとんどは頸椎部と腰椎部で行なわれることになります。腰椎部でもっとも動くのは骨盤に近い第4・5腰椎です。このように人間は、脊柱が曲がることによって、立ったり座ったりという身体のバランスをとり、日常生活に適した姿勢を保っています。しかし、この脊柱の解剖学的な特徴により、いろいろな弊害も出てきます。たとえばよく動く首と腰は老化現象が起こりやすく、また、姿勢が悪いと首の痛みや肩の凝りが出てきてしまいます。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ