腰痛の症状や原因

骨粗鬆症

加齢とともに骨量は減少していき、もろくなって骨折も起きやすくなります。女性は早いうちに症状が現れます。
骨粗鬆症の特徴

骨粗しょう症の症状

骨粗鬆症」は、骨からカルシウム分が抜け出し、骨がもろくなった状態をいいます。骨強度が低下しているので、骨折も起きやすくなります。骨の量が減少して、骨の構造が劣化していくのは加齢によって誰にでも起こることですが、素質的にこの状態になりやすい人もいます。また、女性では五十代前半の閉糧後から骨の成分の変化が始まるので、男性より早くこの状態が訪れます。
杖をつき、腰が九の字に曲がったお爺さん、お婆さんを時おり見かけますが、あれはほとんどが骨粗鬆症による圧迫骨折が原因です。骨粗しょう症自体には自覚症状はない為、転んで骨折してはじめて骨粗鬆症と診断されるケースも多くあります。

骨粗鬆症による骨の構造の劣化

閉経後骨粗鬆症と老人性骨粗鬆症

女性ホルモン分泌量の変化骨組織では、つねに破骨細胞による骨吸収と、それに続く骨芽細胞による骨形成が行なわれています。骨量は20~30代がもっとも高く、その後、加齢とともに骨量は徐々に低下します。女性の場合、閉経すると女性ホルモンの分泌がとまり、しばらくは骨吸収が盛んになります。その間に骨量が急激に減少します。これが「閉経後骨粗鬆症」と呼ばれるものです。さらに加齢が進むと、男女とも骨形成能が低下し、腸管からのカルシウムの吸収が減少するため、体に必要なカルシウムが骨から血中に動員されることにより骨量が減少します。これが「老人性骨粗鬆症」です。
骨粗鬆症の種類

骨粗鬆症は基礎疾患の有無によって、「原発性骨粗鬆症」と「続発性骨粗鬆症」に分けられます。

原発性骨粗鬆症

原発性骨粗鬆症は明らかな原因となる病気がなくて起こるもので、これはさらに「退行期骨粗鬆症」と「若年性骨粗鬆症」に分けられます。そのうち圧倒的に多いのは前者の退行期骨粗鬆症で、上記の閉経後骨粗鬆症老人性骨粗鬆症はこれに当たります。

続発性骨粗鬆症

一方、続発性骨粗鬆症は、さまざまな病気や薬物などが原因となって起こるもので、具体的には内分泌疾患や関節リウマチ糖尿病、ステロイド製剤の使用などがその理由にあげられています。原発性骨粗鬆症の診断は骨密度測定器で判定しますが、それができない場合は脊椎のX線写真から判断します。

骨粗鬆症の治療

骨粗鬆症の治療の基本

骨粗鬆症の治療は、食事や日光浴をふくむ運動、薬物療法が基本です。食事では乳製品を中心にバランスのよい献立をとりましょう。運動はウォーキングなどで戸外に出て歩くなど、無理のないペースで週に4日以上できればよいでしょう。ただし、運動のしすぎで腰痛や膝痛を起こさないようにしてください。

骨粗鬆症の予防

本来は骨量のピークを迎える20~30代までのうちにカルシウムをたくさんとって骨をつくり、運動して骨を強くすることが理想です。この年代にある人は、今からそれを心がけましょう。また、女性の方には骨粗しょう症の検診として、骨密度測定や、血液や尿で骨吸収や骨形成の程度を測定できる骨代謝マーカーの測定を受けることをおすすめします。

薬物療法について

薬物療法ですが、最近では女性の閉経直後、骨董の減少を予防する時期にホルモン補充療法が行なわれることがあります。ただし、長期の使用は副作用の恐れもあるので、定期的な婦人科検診が必要です。
次に、圧迫骨折を予防する」60代以上の人には、ピスホスフォネート製剤選択的エストロゲン受容体モジュレーター活性型ビタミンD3製剤ビタミンK製剤が用いられています。ピスホスフォネート製剤は骨吸収を抑える作用があり、高齢の方の大腿骨頸部骨折予防にも効果的です。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ