腰痛の症状や原因

背筋と腹筋の役割

人間が立って姿勢を保っていられるのは筋肉の働きのおかげです。なかでも大事なのは背筋と腹筋です。
腰痛と背筋・腹筋の関係

腰痛に関係する「でん筋」「背筋」「腹筋」

腰椎支持筋人間が二本足で立っているとき、体は地球が引っぼる重力にさがらって姿勢を保っています。これは筋肉のなせるわざで、このとき働いている筋肉を「抗重力筋」といいます。抗重力筋には、「下腿三頭筋」「大腿四頭筋」「でん筋」「脊椎起立筋」「腹筋群」の5つがあり、このうち、でん筋、脊椎起立筋、腹筋群の3つが腰痛に関係してきます。
脊柱でもっとも動きの大きい「腰椎」を支えているのが「脊椎起立筋」と「腹筋」です。この「脊椎起立筋」は身体をうしろに反らす筋肉(体幹屈曲筋群)で「腹筋」が身体を前方に曲げる筋肉(体幹屈曲筋群)です。この「脊椎起立筋」とは、「腰腸肋筋」と「最長筋」と「棘筋」という筋群の総称であり、「腹筋群」とは、「外腹斜筋」「内腹斜筋」「腹横筋」「腹直筋」の総称です。
よく使われる「背筋」という言葉はこの「脊椎起立筋」の俗称です。腰椎が正しい姿勢を保ち、なめらかな運動をするためには、これらの筋肉の充分な筋力、持久力、敏しょう性、平衡性、協調性、柔軟性などが必要になります。しかし、これらの筋肉と脊椎骨、椎間板、じん帯などとのバランスがくずれると、満足な働きができなくなり、痛みを感じたり、日常生活に支障をきたすことになります。

腰痛に関係する筋肉図解

背筋・腹筋はコルセットの役目をしている

腹筋と背筋は、腹部で円周状の「腹腔」を形成しています。腹腔には胃や腸などの内臓が収められていますが、同時に上半身の重みを支える役目も担っています。重い荷物を持つときは誰でもお腹に力が入りますが、このとき腹筋・背筋と横隔膜は緊張し、腹腔の内圧を高めて、いってみれば、お腹の中に入れた小さめのバランスポールが背骨をうまく支えているよう状態になっています。
背筋・腹筋は自前のコルセットの役目をしているわけです。なお、腹筋・背筋には個人差があり、発達している人もいれば薄っぺらな人もいます。筋肉が弱いと背骨を支える力も小さくなり、脊椎への負担が大きくなリます。なので背筋、腹筋を鍛えることは重要になります。

腹筋(腹直筋と外腹斜筋)図解

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ