腰痛の症状や原因

腰部脊柱管狭窄症

腰部の脊柱管が狭くなると、馬尾神経や神経根を圧迫し、下肢の痛みやしびれを起こします。これを腰部脊柱管狭窄症といいます。
腰部脊柱管狭窄症の特徴

腰部脊柱管狭窄症の症状

ある程度の距離を歩くと、下肢の痛みやしびれでしゃがみこんでしまう。しばらく休むと、また歩けるようになる。このような症状を馬尾性間欠性跛行と呼び、脊柱管の狭窄が原因となります。この代表的疾患が「腰部脊柱管狭窄症」です。腰から足にかけて電気が走るように痛む放散痛と、この間欠性跛行が特徴的な症状です。重症になると排尿や排便の調節ができなくなったり、しびれなど皮膚感覚の障害や筋力低下が起こります。中高年以降に発症し、男性に多い傾向にあります。

腰部脊柱管狭窄症の検査と治療

基本的には保存的治療で治療することが多いですが、手術しなければならないケースも少なくありません。腰部脊柱管狭窄症の狭窄は、変性すべり症とよく似ています。椎間関節の骨棘が、肥大した黄色靭帯とともに脊柱管を狭くすると、脊柱管の中の馬尾神経や神経根を圧迫します。

腰部脊柱管狭窄症図解

検査や診断はまず患者さんの話を聞き、X線撮影やMRI撮影などを行なって、腰椎のどこが悪いのが診断します。その後、治療方針を決定します。
症状が軽い場合、正しい立ち方、座り方、普段の姿勢など日常生活の注意が重要になります。正しい立ち方は、あごを引き、腹筋を緊張させ、骨盤をあまり前方に傾斜させないことです。正しい座り方は、股関節と膝関節を直角に曲げて足の裏がぴったり床に着く高さの椅子を選び、深く腰かけることです。腰痛体操は疲れにくい腰にするための筋力アップに必要なので、習慣にすることをおすすめします。
それで不十分なら外来で消炎鎮痛剤血行改善薬などを授与し、コルセットを装着したり温熱療法牽引療法などのリハビリテーションを行ないます。それでも駄目なら入院して持続牽引各種ブロック腰痛体操などの保存的治療を行ないます。手術を行なうのは、それでも症状が改善しない場合です。

腰部脊柱管狭窄症の手術

手術法は、神経を圧迫している余分な骨やじん帯などを削って脊柱管を本来の太さに戻します。皮膚を大きく切る従来の方法、顕微鏡下手術内視鏡手術の3種類があります。内視鏡手術は傷が最も小さく、入院も1~2週間ですみます。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ