腰痛の症状や原因

腰痛の画像診断(レントゲン・CT・MRI)

レントゲンやCT、MRIなどによる画像診断は、診察の必須項目ではありません。あくまで、最終的な病状把握のために、必要に応じて行うものです。
腰痛の画像検査について

腰痛の診察で行う画像診断として最も多いのは、レントゲン検査です。そのほか、CT検査MRI検査などもあります。これらの検査は、最終的な病状把握の必要が生じた場合にのみ行います。

腰痛・画像診断の種類

レントゲン検査

レントゲン検査は、X線写真を撮るもので、機械が大掛かりではないことと、手軽に行えることから、どこにでもある便利な検査です。しかし、軟骨以外の硬い骨についての情報しか得られません。

CT検査

X線とコンピュータを利用して体を輪切りにした画像を作成するのが、CT検査です。三次元の立体画像を描き出すものもあるので、骨の形態をよく見るために用います。

MRI検査

MRI検査は、超伝導で体の組織を影絵のようにして調べるので、軟骨やじん帯、筋肉、神経についての正確な情報が得られます。腰の病態を把握するにはもっとも有効な検査です。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ