腰痛の症状や原因

温熱療法と牽引療法

「温熱療法」は、適温で深部まで温め、血行をよくして痛みを和らげます。「牽引療法」は、骨同士の圧迫やズレの矯正などを目的としています。
腰痛治療「温める」「引っぱる」

温熱療法

温熱療法の目的

温熱療法」は、患部を温めて血行をよくして痛みを和らげます。じわじわくる慢性の腰痛に効果があります。高温で急激に温めるのではなく、適温で深部までじっくり温めます。
自宅でホットパックを使用する場合は、皮膚に当たる温度が40~50度になるようにタオルなどでカバーして使うとよいでしょう。温熱療法と同様に、マッサージも筋肉をリラックスさせることで血行をよくするので痛みが和らぎます。

家庭で簡単にできる温熱療法

①ホットパックを厚手のタオルで包んで腰にあてる。
②軽くしぼったタオルをレンジで1~2分温めて、作った蒸しタオルをビニール袋に入れれ、厚手のタオルで包む。

牽引療法

牽引療法の目的

牽引療法」は、下半身を引っぼって腰を伸ばすものです。椎骨間の圧迫やズレの矯正が期待されます。腰痛治療では、十kgから体重の半分程度までの力で一定時間牽引して、休止を繰り返す間歓牽引が一般的です。牽引と休止を繰り返す間歇牽引では、マッサージ効果も期待されます。温熱療法も牽引療法も、伝統的に行われている腰痛治療です。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ