腰痛の症状や原因

薬物療法(主な薬一覧)

腰痛治療で使う薬物は、鎮痛剤や血流改善薬だけではありません。神経の損傷回復のためのビタミン剤や精神安定剤、骨租髭症治療薬などもあります。
腰痛治療に使われる薬

消炎鎮痛剤「非ステロイド性抗炎症薬」

腰痛の「薬物療法」で多く処方されているのは、消炎鎮痛剤(痛み止め)です。消炎鎮痛剤は、「非ステロイド性抗炎症薬(NSA-Ds=工ヌセイド)」とも総称されます。
胃粘膜を荒らす副作用もあり、胃薬と一緒に処方されることもあります。医師の指導のもと、正しい服用が求められます。

筋弛緩剤

消炎鎮痛剤を服用しても痛みが治まらない場合、筋弛緩剤が処方されることもあります。筋弛緩剤は、筋の緊張をほぐし、痛みを軽くします。このほか、神経の損傷を回復させるために、ビタミン剤が処方されることもあります。

抗うつ剤・精神安定剤

抗うつ剤精神安定剤が処方されることもあります。腰痛によってイライラした状態が続くと、筋が緊張して痛みが増します。これを防ぐために精神安定剤を処方します。

骨粗鬆症治療薬

骨粗鬆症による圧迫骨折が原因の腰痛では、骨粗鬆症治療薬が処方されます。

血流改善薬

腰部脊柱膏狭窄症には血流改善薬が有効です。

腰痛治療・主な薬の効能一覧

※その他にも症状に応じてさまざまな薬が処方されます。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ