腰痛の症状や原因

ぎっくり腰の応急処置

ぎっくり腰になってしまったら、安静にすることが第一の対処法です。楽な姿勢で痛みが去るのを待ちましょう。
ぎっくり腰になったら…

ぎっくり腰の応急処置は安静

ぎっくり腰、つまり急性腰痛症になったときの対処法・応急処置ですが、まず安静を保つことが第一になります。そして腰椎にとってもっとも楽な姿勢をとって痛みが治まるのを待ちます。通常、腰椎のわん曲が少なくなる姿勢、つまリエビのように丸くなって横向きに寝る姿勢や、仰向けなら股関節と膝関節が屈曲する姿勢が一番腰椎にとって楽な姿勢になります。もちろん人によっては必ずしも当てはまらないこともあり、自分がいちばん楽になると思う姿勢で大丈夫です。
ただし、柔らかい寝具に足を伸ばして仰向けになったり、うつぶせの姿勢で寝ると、腰椎の前湾が増強してしまい腰痛が増悪(=悪化)します。

ぎっくり腰はまず安静に

局部を温める

消炎鎮痛剤を飲んだり、局部を蒸しタオルや携帯用使い捨てカイロなどで温めるのも効果的です(ただし、火傷しないように注意してください)。最近では消炎鎮痛剤入りの湿布も薬局で手に入るようになりました。

動作する場合

トイレなど、どうしても体を起こさなければならない場合は、ゆっくりと寝返りを打って徐々に立ち上がります。ベッドから降りる場合は、ベッドの端に座ってからゆっくり立ち上がったり、横ばいの形でベッドの端がら足を下ろして床にひざまずく形で降ります。このとき背筋はまっすぐに保ってください。
歩くときは壁を伝い歩くなど、そろそろと進みます。いずれの場合も、腰の痛みを最小限に抑えるように注意しましょう。

ぎっくり腰の時の起床方法

腹圧を高め、腰椎を支える

もし自宅にコルセットや腹帯、サラシがあるようでしたら、それを腰骨から鳩尾(=みぞおち)にかけてすこしきつめに巻いて固定させると多少はラクに動けるようになります。これは腹圧を高めることで腰椎がしっかりと支えられるためです。

身動きできなくなった場合

自宅ならいいのですが、不幸にも外出先で急性腰痛症を起こしてしまったり、1人住まいで身動きできなくなった時。この場合は病院に搬送されることになります。病院では、診察や検査を行ない、圧痛点へのトリガーポイント注射や椎間関節へのブロック注射、硬膜外ブロック、入院の上、介達牽引などを行ないます。
通常、急性腰痛症による痛みは、若い人なら三、四日、高齢の方でも1週間あればかなり軽減します。それでも痛みが変わらない場合はやはり整形外科受診をおすすめします。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ