腰痛の症状や原因

コルセットの使い方(巻き方)

腰痛をいたわる道具として、コルセットは有効な手段です。急性腰痛や腰痛の予防に役立てましょう。
コルセットとは?

コルセットの役割

コルセットは、急性腰痛期や腰痛の予防のため、腹圧を高めることで腰椎を支え姿勢を保つために用います。ただし装着していれば腰痛が治るというわけではなく、あくまで治るのをお手伝いするものと考えてください。

コルセット腰痛ベルトの働き

コルセットの特徴

腰痛のコルセット普通、コルセットというと、プラスチックや金属製のしっかりしたものを思い浮かべるかもしれませんが、ここで説明するのは布やゴム素材などの簡易コルセットです。腰痛ベルト、腰部固定帯などとも呼ばれています。オリンピックの重量挙げなど、スポーツ選手が使うベルト型のコム・バンドや腹帯のようなものです。S~LLまでさまざまなサイズのものが市販されていますし、必要に応じて医療機関でもらえます。この場合には、保険が適用になります。

コルセットの巻き方

選び方は、腹圧を逃がさずしっかりと固定できる、日常生活での動作をできるだけ妨げない、通気性が良い、などを考慮しましょう。
コルセットの巻き方は、息を吐いたところでマジックテープでしっかり留めますが、このときあまり上の部分に巻くと胃を圧迫して苦しくなってしまうので、へそよりも下の部分に巻きます。胃がある上腹部はゆるめに、下腹部はきつめにします。

コルセット腰痛ベルトの巻き方図解

装着時の注意点

●胃を圧迫しない
●上につけすぎない(上端をおへその上指2本分位にする)
●補助ベルトがある場合は左右均等な位置に
●下端は骨盤を覆うように

コルセットが苦しい場合

高齢者で骨粗鬆症のために腰椎が圧迫骨折を起こして前湾が強くなっている場合(亀背)などでコルセットを着けると逆に苦しくなった、と訴える方がいます。若い人の場合だと、単なる腰痛ではなく、なにが他に原因がある場合も考えられます。病院で検査を受け、精密検査を受ける必要があります。

必要に応じて着け外しをする

コルセットを着けると、背骨がしっかり支えられ、お腹に力が入る感じがするので、たいていの方が楽になるようです。ただし、コルセットは長時間着けたままにするのではなく、必要なとき以外ははずして、お腹や背中の筋力アップの運動を心がけましょう。コルセットを長く装着していても筋力はすぐに落ちるものではありませんが、腹筋・背筋という自前のコルセットを作ることこそ腰痛を治す最善の道です。
だらだらと着けっぱなしはよくありません。たとえば、車のドライバーで荷物の積み卸しがある人は仕事の最中だけ装着して、仕事が終われば外す、という具合です。急性期は寝るとき以外は装着しつづけてもよいのですが、痛みがそれほどではなくなったら、こまめに績めたり、はずしたりするよう心がけましょう。
いずれにしても、コルセットは腰痛の根本解決にはならないので、普段の姿勢や生活習慣を見直すことこそが大切です。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ