腰痛の症状や原因

保存的治療

腰痛治療の基本は、腰痛体操や鎮痛薬の服用、リハビリテーションなどの「保存的治療」です。骨などの器質的疾患がある場合でも同様です。
腰痛の保存的治療

「保存的治療」の種類

腰痛の治療は、日常生活指導から始まりますが、症状や原因に応じてさまざまな専門的治療も行われます。専門的な治療には、手術による治療と、それ以外の治療とがあります。
手術以外の治療は、「保存的治療」と言います。腰痛の保存的治療には、「運動療法」のほか、「薬物療法」「ブロック療法」「温熱療法」「牽引療法」「装具療法」があります。

腰痛の治療法の種類

腰痛治療の基本は「保存的治療」

腰痛治療の基本は、手術以外の「保存的治療」です。これは、腰部脊柱管狭窄症など骨や椎間板に異常がある疾患においても同じことです。腰部脊柱管狭窄症の治療では、まず日ごろの姿勢改善や腰痛体操によって症状の回復を目指します。
鎮痛剤の服用やコルセットの使用、牽引療法や温熱療法を行うこともあります。痛みが治まらない場合には、注射による神経ブロック(ブロック療法)を導入することもあります。これらの治療で改善しない場合に、手術を検討します。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ