腰痛の症状や原因

ブロック療法

薬物、装具、温熱、牽引といった保存的治療を施しても治まらない痛みには、痛みと機能低下の悪循環を断つために注射による治療を行います。
「ブロック療法」の特徴

ブロック療法とは

ブロック療法」は、腰の神経の周囲に麻酔剤やステロイド剤を注射して、痛みの感覚を麻痺させる治療法です。「神経根ブロック」「硬膜外神経ブロック」「椎間関節ブロック」「交感神経節ブロック」などがあります。

神経根ブロック

このうち、椎間板ヘルニアなどでよく行われるのは、「神経根ブロック」です。神経根とは、脊髄から枝分かれして出て行く脊髄神経の根元の部分です。神経根ブロックは、障害を受けている神経根に直接注射して麻酔薬を注入します。痛みの遮断だけではなく、神経周囲の炎症を鎮めるので血流改善効果もあります。
数回行って、痛みの症状が消える場合もあります。また、この治療でどの神経が圧迫されているか特定できるので、手術も容易になります。ただし、糖尿病などがあると、免疫力が低下しているため、感染の恐れがあります。そのため糖尿病などの合併症がある人は、元の疾患の治療が先決です。

ブロック注射図解

※痛みの遮断だけではなく、周囲の炎症を鎮めることによる血流改善効果的です。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ