腰痛の症状や原因

腰痛予防・かばんの持ち方

毎日同じ側の手にかばんを持っているだけでも長い年月の間には、背骨が曲がってしまいます。荷物の持ち方に注意すると、正しい姿勢が保てます。
「正しい姿勢」とかばんの持ち方

日ごろの荷物の持ち方も腰痛の原因に…

かばんの持ち方正しい姿勢とは、体が左右対称で重心線が正しく通っているものです。そのため、まず大事なことは、日ごろの荷物の持ち方です。
ある60代の男性を診察した際、せばね全体のレントゲン写真を撮ってみると、背骨が左に曲がっていました。この男性は、長年かばんを左手に持っていたということでした。荷物は、左右交互に持ち替えることを心がけましょう。買い物のレジ袋なら、2つに分けて両手に1つずつ持つとよいでしょう。
アタッシュケースなどは、両手で交互に持つようにします。リュックは望ましいですが、3kg以上の重さとなれば背骨にかかる負担は大きすぎます。最近は、車輪付きのケースを手で引くキャリー・ケースが普及しています。これを両手で交互に引くようにするとよいでしょう。女性はショルダー・バッグ愛好者が多いようですが、中身を軽めにすることを心がけましょう。

腰痛予防の為のかばんの持ち方

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ