腰痛の症状や原因

ぎっくり腰の原因

急な腰痛(ぎっくり腰)の発症は、弱っている筋肉や神経・関節への過度の負荷が原因となって引きこします。
ぎっくり腰の特徴

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰の症状について

ぎっくり腰」という病名は正式にはありません。急激に起きる激しい腰痛発作の俗称です。中腰で物を持ち上げたり、物を持って振り返ったり、急に立ち上がろうとしたり、階段を降りようとしたときなど、たいした動きをしていないのに腰に激痛が走り、動けなくなる。中には寝返りを打つことすらできないほどの激しい痛みになる場合もあります。
ぎっくり腰の痛みにおそわれると、上半身を前かがみにしてしか歩けない、身体をうしろに反らすことができない、激痛のためその場に倒れ込んで身動きすらできなくなってしまいます。他人がさわったりすると、それすらも痛みに変わってしまいます。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因ぎっくり腰の原因は、筋肉・神経・関節への急激な負荷や、過度の緊張と疲れなどによるもので、多くは椎間関節や、じん帯、腰の筋膜の一過性の強い炎症です。お年寄りの場合は、腰部の変形性人は意外と少なく、デスクワーク中心の人やドライバーの人に多いというデータがあります。長時間椅子に座りっぱなしだと、トレーニング不足で筋肉の発達が悪くなり、筋力が低下したり、同じ姿勢を続けているために筋肉が固くなります。そうしたところへ不用意な動作をきっかけとしてぎっくり腰が発症します。

ぎっくり腰の予防

脊髄・骨・椎間板の構造図解人間も年をとってくれば、体のいろいろなところが傷んできます。とくに負担の大きい腰は、椎間板も弾力を失いつぶれてくるし、椎間関節はすり減ってきます。腰を守る腹筋や背筋も弱くなり、じん帯ももろくなってきます。そうなると、以前には何でもなかった動作がこたえるようになってきます。これらがお年寄りの腰痛です。
背骨の老化現象は個人差もありますが、30代から始まって少しずつ進行します。運動不足、栄養不足、肥満、過度の疲労などに悩む人は、日常生活から注意をしましょう。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ