腰痛の症状や原因

ヘルニアと挟窄症の見分け方(SLRテスト)

仰向けに寝て、脚を30~70度の角度に持ち上げる検査をSLRテストといいます。痛いのが、ヘルニアです。同じ神経の圧迫でも、狭窄症によるものなら、痛みません。
ヘルニアと挟窄症を見分ける検査

脚を持ち上げえる検査

腰痛の診察では、脚の持ち上げ検査をすることもあります。この検査には、診察台に仰向けに寝て行うSLR(下肢伸展挙上)テストや、うつぶせで行う大腿神経伸展テスト、座って行う座位膝伸展テストなどがあります。いずれも、下肢や大腿を伸展させて神経が緊張した状態で発生する痛みをみるためのものです。

SLRテスト

SLRテストは、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症を見分けるのに役立ちます。どちらも神経の圧迫が起こる疾患ですが、このテストはヘルニアによって圧迫されている神経を伸展させて痛みを再現するものです。具体的には、仰向けに寝た状態で、脚を片方ずつひざを伸ばしたまま持ち上げます。
このとき、脚の裏側に痛みが走り脚を70度以上に持ち上げられないと、腰椎椎間板ヘルニアの可能性があります。テストの信頼度は高いのですが、絶対ではありません。

SLRテストの方法図解

※SLRテストは、ヘルニアによって圧迫されている神経が伸びたときの痛みを再現するものです。ただし、絶対ではありません。

西尾市の鍛練ジム西尾市の鍛練ジム

元気づくりジム 鍛錬 西尾店元気づくりジム 鍛錬 西尾店

Sponsored-link.jpg

ページの先頭へ